スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)| スポンサー広告

tags:

Photoshopで簡単に虹を描く方法!

東京都内で大きな虹が出たそうな。生で見たかったがダメでした。
東京の空に二重の架け橋、15分でかなたに姿消す : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

残念すぎるのでPhotoshopで虹を描いてしまおう。

元画像

ビル

虹を描いた画像

rainbow.png
(写真提供:写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】

Photoshopで簡単に虹を描く方法!

この虹を描く方法はこちらのサイトで紹介されていた方法ですので見に行きましょう。
Lunacore Photoshop Training - Realistic Rainbow tutorial (part 1/2)

  1. 虹を描きたい画像を開く。
  2. その上に新しくレイヤーを作る!
  3. グラデーションツールを選択して、透明(虹)を選択する。
  4. 画像の上でShiftを押しながら、上から下にドラッグして虹の元を描く。
    太さはお好みで。
  5. 「フィルタ」-「変形」-「極座標」の「直交座標を極座標に」を選択してOKをクリック。
    虹が丸くなるよ。
  6. 続いてCtrl + T(自由変形)で虹の形を整える。
    上半分のアーチ部分が大事だよ。
  7. 「フィルタ」-「ぼかし」-「ぼかし(ガウス)」で半径4.5pxで虹をぼかす。
  8. さらにレイヤーの描画モードをスクリーンにして不透明度を80%にする。
  9. [レイヤーマスクを追加]ボタンで虹のレイヤーにレイヤーマスクをかける。
  10. B押してブラシに持ち替え、ソフトブラシの直径70px、描画色:黒を選択。
  11. レイヤーマスクを選択し、ブラシでいらない虹の部分を消す。
  12. 新しいレイヤーを作り、虹の下あたりに白色でアバウトに塗る。
    これは水のしずくをイメージするものらしい。霧か。
  13. そのレイヤーの不透明度を15%くらいにしてわざとらしくないように演出。
    以上です。

ほほほー簡単だなぁ。虹のグラデーションが最初からあるからなんだけどね。
上記サイトのチュートリアルは説明が丁寧でとてもわかりやすいです。英語の弱い私でも楽勝でしたよ。
あぁ、でもやっぱり本物の虹を見たときの感動にはかなわないなぁ。

2009/05/09(土)| Tutorial | トラックバック:0 | コメント:0

tags:Photoshop, Rainbow, Tutorial,

Comment

コメントの投稿

Comment
Comment

Trackback